ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

ホームイベント情報 》 第15回シンポジウム「海の10年とこれから」2017年12月4日(月)

イベント情報

イベント一覧へ戻るシンポジウム

第15回シンポジウム「海の10年とこれから」2017年12月4日(月)

12/01更新
シンポジウム・シリーズ「横浜から海洋文化を育む」第15回

「海の10年とこれから」

日時:2017年12月4日(月) 13:00 - 16:30 

場所:横浜市開港記念会館(みなとみらい線 日本大通り駅 下車徒歩1分)

参加費:無料

主 催:横浜国立大学統合的海洋教育・研究センター 
後 援:横浜市、海洋都市横浜うみ協議会 
助成:日本財団

 

開催趣旨

本年、海洋基本の成立・施行10年を迎え、あわせて、横浜国立大学 統合的海洋教育・研究センター(以下、海センター)も設置10年を迎えることができました。この間、海センターは、海洋に関する各専門分野の深い専門知識を持ち、かつ、俯瞰的に問題を分析でき、社会ですぐに活躍できる人材育成を目標とし、大学院生向け副専攻プログラム「統合的海洋管理学」を実施、のべ163名の修了生を世に送り出して来ました。一方で、海を取り巻く国内外の情勢も変化し、さらに来年には第3期海洋基本計画の策定が控えています。そこで、15回目を迎えた、今回のシンポジウム・シリーズ「横浜から海洋文化を育む」では、この10年の海を巡る状況を振り返るとともに、各分野のこれからの展望に加えて、パネルディスカッションでは、海洋と横浜について議論を行います。

 

プログラム(敬称略)

【開会挨拶】 13:00-13:15

   森下 信      横浜国立大学 理事(研究・評価担当)・副学長 

【基調講演】 13:15-13:45

 ○「海洋基本法の10年とこれから」

   髙島 正之    総合海洋政策本部参与会議 参事/合同会社 TMCコンサルティング 代表社員

【一般講演】 13:45-15:05(20分×4題)

 ○「海のこれまでの10年とこれから」

 ・「国際法」  

    加々美 康彦  中部大学 国際関係学部 准教授/ 横浜国立大学 統合的海洋教育・研究センター 客員准教授

 ・「技術」

    村井 基彦   横浜国立大学 大学院環境情報研究院 准教授

 ・「生物資源」 

    松田 裕之   横浜国立大学 大学院環境情報研究院 教授

 ・「横浜国立大学の海洋教育研究」 

    中村 由行   横浜国立大学 大学院都市イノベーション研究院 教授/

            統合的海洋教育・研究センター センター長

【パネルディスカッション】15:15-16:25(70分)

 テーマ:「海洋と横浜:これからの10」 

 ・趣旨説明

 ・話題提供1「海洋の再生可能エネルギー利用の未来」

    伊東 章雄   (株)IHI 理事・技術開発本部副本部長

 ・話題提供2「海と歩む横浜 ~海洋都市横浜の取組~」

    高井 雄也   海洋都市横浜うみ協議会 事務局/ 横浜市 政策局 政策部 政策課 担当課長

 ・ディスカッション

   コーディネーター:中原裕幸 横浜国立大学 統合的海洋教育・研究センター 客員教授 

   パネリスト:一般講演者 3名:加々美康彦、村井基彦、松田裕之、話題提供者2名:高井雄也、伊東章雄

【閉会挨拶】 16:25-16:30

   中村 由行(前掲)

※講師や演題については変更になる可能性があります。

 変更があれば、本ページの内容は随時更新いたします。

 

交流・懇親会:
終了後に会場近隣で開催します。会費:一般4千円、学生2千円(予定)

参加申し込み

ホームページでの受付は終了いたしました。当日参加も可能です。直接会場にお越しください。

 

チラシ・フライヤーのダウンロード:
こちらをクリック

 

本文ここまで。
ページTOP